ブログネタ
真戸 暁(まど あきら) に参加中!
CCG本局所属の捜査官。通称「アキラ」。 喰種捜査官の夫婦の間に生まれたが、両親をどちらも喰種の手で失っている。
 

プロフィール


概要

【尾】 試作1
アカデミー時代にオーダー品で使用劣化により破損した。 

【尾】 試作2
二等捜査官就任後にオーダー品、変形機能をもたせたが上手くいかずに破損。 

【甲赫/尾赫】アマツ 
普段は鞭のような形状だが、柄の部分から刃を出すことの出来るキメラクインケ。 

【鱗赫】フエグチ 
笛口雛実の父親「笛口アサキ」から造られたクインケ、元は父の真戸呉緒が所有していた。
 

概要

喰種捜査官の夫婦の間に生まれるが、両親を喰種の手によって失う。
母で準特等の真戸微を隻眼の梟(エト)の手で、父で上等捜査官の真戸呉緒をラビット(霧嶋董香)霧嶋董香とフエグチ(笛口雛実)により失っている。

アカデミーを首席卒業し、父の弟子であり最後のパートナーであった亜門鋼太朗とコンビを組む。 

父親同様に激辛のカレーを平然と食べる一方で、グラス一杯程度で泥酔してしまう程アルコールに弱い。自室でブサ可愛い猫を飼っている、名前はマリアステラ。 

父親の真戸呉緒同様にクインケへの探究心が強く、研究者として自らも設計に早い段階から参加する。その成果としてキメラクインケを設計し自らで実戦投入している。
 
悲運な生い立ちから気丈に振舞う一方で歳相応の弱さを見せる一面もあり、梟討伐戦後に遺体は上がらないが亜門と滝澤が公式記録として死亡認定された時は涙を見せた。しかし親の教えの最後は自分の感を信じろという言葉の通り二人は生きているのではという想いを秘めている。 

自らが考案したクインケの他にも親譲りのクインケ(フエグチ)を使う為、通称「背骨使い」と喰種から呼ばれる。使いこなすには一年を費やした。

上等捜査官となりS3班に配属した頃に有馬貴将から佐々木琲世の教育を任される。その際の指導者の選定基準として母性を与えられる存在という点が挙げられている。佐々木琲世からは時折「お母さん」と呼ばれる。
 
オークション掃討戦では真戸班及びQs班で参加。半喰種化した滝澤政道ことオウルとの再会や様々な出来事があったが、功績から亡き母と同じ准特等に昇進。

捜査中にアオギリの関係者に襲われた米林才子を助けたとされるローブの大男に関しての些細な情報を米林から聞き出すなど、感を信じている様子。