ブログネタ
月山 習(つきやま しゅう) に参加中!
グルメの悪名がつく20区の喰種、月山グループの親を持つ富豪。食種レストランのメンバーであり「MM」として知られる。半喰種のカネキと知り合い食料として狙い続けてきた。
 

プロフィール

【名前】 月山 習(つきやま しゅう)
【登場話】 #037
【通称】 美食家(グルメ) 20区の厄介モン 習様 変態 MM
【種別】 喰種
【状態】 生存
【年齢】 21(#032)
【性別】 男性
【誕生日】 3月3日
【身長】 180 cm
【体重】 71 kg
【血液型】 A
【所属】 月山家
【赫子】 甲赫

概要

食べ方に拘るあまり「美食家(グルメ)」と称され、クセの強い人格と実力から「20区の厄介モン」とも言われる。カネキの血が染み付いたハンカチを保存袋に保管する程に半喰種のカネキに執着している。

食種レストランでは仲介人「MM」として喰種に食材を提供していた。

会話の中、時々フランス語やイタリア語、英語が混ざるあたりがクセの強さを表しているが
同校の女子生徒達や月山家の使用人達には「習様」と呼ばれ慕われている。

赫子は甲赫。腕を囲う螺旋の形状をしたもので他の月山関係の食種にも同様の特徴が見られる。他の甲赫と比べると薄くいが刀・槍・盾などに変形し攻防を巧みに使いこなしている。赫者にはなれないまでも悪食を繰り返した影響か赫子の面積が広くなっている。

堀チエに限り食材以外の人間の中では唯一友人として扱う。

あんていく消滅の際にカネキを失い以来悪食するが、赫者にはなれずRc細胞の暴走に蝕まれる事を繰り返し衰弱する。

叶からカネキことハイセの生存を知らされ意欲を取り戻すが、記憶を取り戻そうと行動する事で月山家を始めとしたグループ全体の存命危機に発展する。