ブログネタ
クインクス施術(くいんくすせじゅつ) に参加中!
嘉納がハイセに施した「半喰種化施術」から地行甲乙が着想を得たもので、その工程はクインケ製造を応用している。 別称は「赫包インプラント法」。

クインケと異なるのは"喰種"から取り出した赫包をクインケ鋼材でコーティングし、「ケース」ではなく「体内にプラント」する点、プラントされた「赫包」には「5段階」の「フレーム」を設け、「赫包」の稼働率を調整することが可能。
よりリスクを少なく効率的に経過観察するための処置と言える。
そのため、今は佐々木を除く全員のゲートは「F2(フレーム2)」で、赫包の稼働率は40%に設定されている。
「フレーム」のレベルを引き上げればより強力な赫子を使うことが可能。
ちなみにクインクス施術を受けた者はたとえ喰種捜査官を辞めた後でも半永久的に生活が保証されるらしい。