ブログネタ
永近 英良 (ながちか ひでよし) に参加中!
金木研が「人間」としての感情を持つ中で柱となっている人物。 
カネキとは正反対に活発な性格で、友好関係も幅広い。カネキとは幼少からの付き合い。ただし家族構成は不明。 
【名前】 永近 英良(ながちか ひでよし)
【登場話】 #001
【通称】 ヒデ
【種別】 人間
【状態】 不明
【年齢】
【性別】
【誕生日】
【身長】
【体重】
【血液型】

【名称・通称】
 永近 英良 (ながちか ひでよし)・ヒデ

  『概要』
金木研が「人間」としての感情を持つ中で柱となっている人物。 
カネキとは正反対に活発な性格で、友好関係も幅広い。カネキとは幼少からの付き合い。ただし家族構成は不明。 
小学校に転入したばかりのころ、ヒデがカネキに話しかけたのがきっかけで親友となる。 

あんていくにも通っており、霧嶋董香に興味を抱く。 
カネキ、西尾錦、と同じ上井大学に通っている学生。 

陽気でおおざっぱを振舞うものの、他者の微かな機微に気付く鋭い洞察力を持っている。
真戸呉緒の殉職の件もほぼ完全な推理で事件の本質に辿り着くなど 
持ち前の勘の良さで喰種に関する事件の核心をついてくるため、
こういった面はカネキやニシキにも危険視されていた。

カネキが半喰種化したことを気づいているようだが、決して表には出さず他言もしない。 
喰種の興味で独自に調査しヤモリに発信器をつけてアオギリの樹のアジトを特定し、匿名で喰種対策局に密告した。
小説版だとカネキを喰種だと確信している。カネキを喰種だと怪しむ生徒に細工をして疑いを晴らしたり、人知れずに彼を守る事に一環している。

カネキ失踪後、喰種対策局のアルバイトとして働き
アオギリのアジト密告の件を丸出斎に見抜かれる。 
結果として腕を買われ捜査官補佐となり、亜門と真戸ペアの元に着く。 

休日はカネキを探しており、高槻泉のサイン会でカネキの名前を使って色紙を貰っている。 
『梟討伐作戦』では戦地からは離れていたが半赫者化していたカネキと地下で接触。 
困惑する彼に喰種となった事を「知ってた」と笑顔で受け止め、彼に戦うよう告げ その後、消息不明に
記録上では行方不明者となっている。 
しかし、カネキの傷が完全に癒えていた事と血の味がした発言は食べた事を匂わす。

当初から頻繁に登場しているキャラだが、プロフィールや家族構成も不明というのは遊びがあるというか
話の展開に意外性を持たせる上でとても便利である。

アニメ√Aでは原作と同様に行方不明となったカネキを案じ、CCGのアルバイトとして潜入して消息を探る。 
そこでアオギリの樹に所属する眼帯の喰種を見つける。梟討伐作戦では捜査官の一人として潜り込み、亜門との戦いで倒れたカネキを救出するが 
ノロによって既に深手の傷を負っており、カネキと二人であんていくで時間を過ごした後、息を引き取る。 
ヒデの死体はカネキの手でCCGの元へ返された。 

愛用の自転車には「pierrot」 のマークがある。