ブログネタ
霧嶋 董香 (きりしま とうか) に参加中!
普段は高校に通いながら喫茶店『あんていく』でアルバイトをしている。マスクはうさぎ型のマスクと長髪のウィッグ。主にトーカと呼ばれている。 

【名前・通称】
霧嶋 董香(きりしま とうか)・トーカ・ラビット

【種別・性別】
グール・♀

【担当・生息地・所属】
20区・喫茶あんていく・喫茶:re

【血縁関係】
霧嶋 絢都(弟)
霧嶋 新(父)
霧嶋 光(母)

【身体関連】(生年月日・血液型・身長・体重・年齢・靴のサイズ)
生年月日 1995年07月01日
星座 蟹座
血液型 O型 
身長 156cm
体重 45kg 
年齢 17歳(#001) 18歳(#089) 20歳(re#001)
足のサイズ 22.5 cm

【登場作チャプター】
#001

【赫子】
羽赫 

 『概要』
20区に所属する喰種。普段は高校に通いながら喫茶店『あんていく』でアルバイトをしている。マスクはうさぎ型のマスクと長髪のウィッグ。主にトーカと呼ばれている。 

幼少期は父親の霧嶋新と弟の霧嶋絢都の三人でアパートで暮らしていた。しかし父親を喰種捜査官に殺されて以来、白鳩に対し強い憎しみを持つようになる。 
それからしばらくして、アヤトと二人で『霧嶋姉弟』として20区で名が知られるようになるが、月山習との一戦以来、『あんていく』の店長の芳村の提案で学校に通うようになり、考えを改めるようになる。しかし、最後までアヤトからの理解を得られず、最終的にアヤトはトーカの元を去る。 

金木研(カネキ)とは、出会った当初は彼を半端者として嫌っていたが、徐々に打ち解けていった。真戸呉緒との戦闘時に『私だってアンタらみたいに生きたかった』と述べたことから、人間の生活、または人間自体に憧れを抱いている様子が伺える。 

また、高校に通い始めた頃、周囲に打ち解けていなかった自分に「お昼を一緒に食べよう」と声をかけてくれた縁で仲良くなった小坂依子という、カネキにとってのヒデ、ニシキにとっての貴未のような、トーカがヒトの世界で生きる上での拠り所ともいえる「人間の親友」がいる。 
彼女はトーカが喰種であるということには気付いておらず、また調理師志望ということで、昼は大概(怪しまれないために、喰種でも比較的)簡単に食べられるジャムパンで済ませているトーカに、好意から弁当のおかずや手料理をお裾分けしてくれている。 
無論、(人間の食性・味覚なら)どんなに美味しく健康に良い料理でも喰種であるトーカの口には全く合わず健康にも悪いのだが、それでも「親友である依子が自分の事を思って作ってくれたのだから」と、残したり吐いたりせず、拒否する体と表情に鞭打って無理矢理にでも完食して飲み下し(依子からお裾分けされた肉じゃがの際、カネキは一口食べただけで凍りついた)、平静を取り繕って料理の感想を当たり障りなく返してあげている。 
因みに、ヒナミを引き取って二人暮らしをするために家の整頓をしている最中、その手伝いでトーカ宅に上がっていたカネキを依子に見られて以来、依子にはカネキのことを彼氏と勘違いされている。 

赫子は瞬発型の『羽赫』の赫子。参考
西野貴未やニコ曰く『綺麗』とのこと。その瞬発力を生かした素早い動きで敵を制する。しかし、『羽赫』特有の『持久力に欠ける』という弱点通り、長期戦には不向き。 

:reにおいては喫茶店「:Re」を四方蓮示と共に経営している。(大学に通っているのか、喫茶店に他に従業員がいるのかなどは不明だがニシキが客として利用している) 
店にやって来た佐々木琲世を見て驚いた表情を浮かべていたが無理に関係を壊さずにいる。